一般社団法人 整動協会 ホーム

鍼灸師と柔整師のための鍼灸と整体の実践セミナー Seminar for Acupuncturist and Judo therapist

整動協会のサイトが公開になりました!

整動協会のスマホサイト

代表の栗原誠です。

2009年に始まった活法研究会。2013年には運営する法人「株式会社 活法ラボ」を立ち上げ、活法の普及に取り組んで来ました。翌年の2014年には、整動鍼の前身である古武術鍼法を生み出しました。

活動の甲斐があって「活法(かっぽう)」という言葉を鍼灸業界や療術業界で、よく耳にするようになりました。特別であった活法が身近になったように思います。整動鍼も、少しずつ存在感が出てきたように思います。

今年(2017年)の5月、株式会社 活法ラボの事業として運営してきた活法研究会(セミナー事業)を、この整動協会に移しました。外向きのエネルギーをより強化していきます。

活法も変わります。これまで「名人の奥義」を伝えるというコンセプトでしたが、これからは、私たち一人一人が名人クラスの技を確実に手中に収めることができる環境と仕組みをつくっていきます。一人一人が実践者であり研究者であり、一人一人の経験を財産としていく考え方です。

つまり、組織力を活かします。

 

おかげさまで整動鍼も急速に普及しています。公開直後からセミナーに申込が殺到し、キャンセル待ちが常に続いています。今年の4月にはバルセロナ(スペイン)でのセミナーも実現しました。国内問わず必要とされることに驚きを隠せません。

この状況は、主催者としては嬉しいことですが、席がなく受講を断念している方のことを考えると、たいへん申し訳ない気持ちです。

今年、整動鍼は「応用編」に突入して、さらに加熱しています。

受講者はこれから増え続けると予想できます。受け皿を拡大していう必要性を強く感じています。今すぐ全てを変えるのは難しいですが、数年後を見据えて準備を始めました。

セミナーを主催してきた活法ラボは、セミナーの進行と講師をこれまで通り全うし、セミナーの主催や企画は整動協会に譲りました。また、受講後の復習の機会を少しでも提供できるように、公認勉強会という仕組みを作りました。

 

これから、整動協会は国内はもとより海外に向けて、活法と整動鍼を発信していきます。そのためには、より積極的に情報発信を行わなければなりません。10月にオープンとなった整動協会サイトは、その役割を担っていきます。

すべてのコンテンツが揃うのはもう少し時間が必要です。更新を温かく見守って頂けたら嬉しいです。

2017年10月6日