一般社団法人 整動協会 ホーム

鍼灸師と柔整師のための鍼灸と整体の実践セミナー Seminar for Acupuncturist and Judo therapist

Japanese Español English

2024/4/21-22 5/12-13 AcuEigo (英語で鍼灸)A日程(4days)

AcuEigo 英語が話せる国際的鍼灸師を育てるためのプロジェクト

鍼灸師として働くあなたは、次のようなお悩みを抱えていませんか?

  • 外国人の患者さんとうまく話せずもどかしい思いをした
  • 英語へのコンプレックスを克服したい
  • 日本国内で外国人を集客したい
  • そもそもどうやって英語を勉強し始めればいいかわからない
  • 将来的には海外で働きたいので、鍼灸に関する英語をしっかり身につけたい

そんなあなたのために鍼灸師専門の英会話レッスンが「AcuEigo」です。すでに、医療専門オンライン英会話スクールを主宰し、数々の卒業生を輩出しているセラピストイングリッシュの宮口一誠先生とのコラボで実現したセミナーです。

 

実践形式のトレーニング

このAcuEigoは現場を想定した会話トレーニングを行います。現場で求められるのは変化がわかる技術、そして円滑な会話です。両方を同時に育てることを目的にしています。

そのため、このセミナーは前半(2日間)で鍼施術の実践練習を行い、後半(2日間)はそこで覚えた技術を、英語で使っていきます。鍼治療は、整動鍼の技術を凝縮した「やわらみ」を学びます。座学は最小限にし、実技を中心に現場で確実に使える技術の習得を目指します。新卒から卒後3年目くらいまでを想定したレベル設定です。

英語のトレーニングでは外国人を相手に施術をする練習を行えます。上手くできても上手くできなくても、貴重な経験となることは間違いありません。

 

AcuEigoのスケジュール

 

やわらみのコンセプト

「やわらみ」では疲労回復を目的とした実践パッケージ効果が明瞭なツボに限定して学びます。特に臨床デビューを控えている鍼灸師や学生にとっては現場ですぐに使える実践力を短期間で養うことができます。テーマを疲労回復に絞っていますが、いかなる症状においても重要となる基本的なスキルを磨きます。どのレベルにおいても得るものが大きいでしょう。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

やわらみのコンセプト(呼吸、睡眠、姿勢)

AcuEigoで学べる英語

  • 問診
  • 体位変換
  • 動き/ROM
  • 東洋医学的検査(脈、舌、腹、その他)
  • 「やわらみ」を英語で

 

AcuEigoのレッスン AcuEigoのレッスン AcuEigoのレッスン

 

技術指導責任者

栗原誠

栗原 誠(くりはら まこと) 鍼灸師 群馬県出身。株式会社 活法ラボ代表/一般社団法人 整動協会代表

大学で生物学を専攻し、その後鍼灸師となる。はりきゅうルームカポス(東京)、はりきゅう養気院(群馬)を経営する。古典鍼灸の研究に加え、日本の整体術「活法」を習得。ツボと動きの関係に着目し、2014年に「整動鍼®」を創案した。この革新性が高く評価され、開催するセミナーは海外でも人気を博す。開催日数は年間70日以上。

X(旧Twitter)
ブログ『鍼灸師のツボ日記』
YouTube『鍼灸の疑問解決Ch.』

AcuEigoへの想い

私は海外生活の経験もありませんし、語学が堪能というわけでもありません。そんな私ですが海外の人々とのご縁をいただいています。もし、私が鍼灸師でなかったらそんなご縁に恵まれていなかったかもしれません。

自らの経験で技術は国境を超えることを知りましたし、人と人とをつなげる力もあります。ですが、もし私がもっと英語を話せたら、もっとスペイン語を話せたなら、私の声はもっと遠くに届いたはずですし、より深く理解し合えたはずです。

もし、10代、20代の頃、こんなふうになると思っていたらもっと外国語を勉強していました。もちろん、40代の今でもあきらめたわけではありません。英語で施術ができるようになりたいと思っています。そして、英語の指導を宮口先生にお願いしました。

宮口先生には私にない語学とその指導スキルがあります。逆に、私には宮口先生にはない多くの臨床経験がありますし、10年以上実技指導に携わってきました。

この2つの力を合せたらよいのではないか。そうしてAcuEigoが生まれました。このコラボに大きな可能性を感じてワクワクしています。

私が創案した「整動鍼」というコンセプト。これまでたくさんの鍼灸師に伝えてきました。全10編(19日間)のカリキュラムが昨年2023年にできあがりました。新しい考え方を深く学ぶことができます。

そのいっぽうで整動鍼をもっと気軽に使ってほしいという気持ちもあります。このAcuEigoでは、整動鍼のエッセンスを2日間に詰め込みました。英語を学びながら臨床ですぐに使えるスキルを得ることができます。

日本の鍼灸はすごいです。

だから世界に飛び出す鍼灸師をたくさん育てたいですし、世界の人々が質の高い鍼灸を求めて日本にやってくる状況もつくり出したいのです。私個人としては、海外の患者さんを受け入れられる鍼灸院を育てていきたいなぁと夢を抱いています。

ぜひ、この機会に一緒に学びましょう。

スペインでのセミナー風景(整動鍼)

 

英語指導責任者

宮口一誠

宮口一誠(みやぐちいっせい) Therapist English® / BOC-ATC

高校3年の英語テストで30点代だったところから学び直し、アメリカの大学で医療資格を習得。7年間過ごした後、2020年に大学院卒業と同時に帰国。帰国後は英語教育の分野に携わり始める。「日本のセラピストを世界基準へ」を掲げ医療専門オンライン英会話スクール 「Therapist English® 」を通して医師や理学療法士、柔道整復師や鍼灸師からプロスポーツのトレーナーまで多岐に渡って、英語に悩む医療関係者100名以上を指導。

X(旧Twitter)

Instagram

YouTube『医療英語-セラピストイングリッシュ』

AcuEigoへの想い

ここまで、これからの鍼灸師が英語を学ぶ必要性とその方法をお伝えしてきたが、その後に必要なのが「鍼灸技術」

ただ、これを読んでいる皆さんも感じるように「鍼灸技術」ってすごくフワッとしていませんか?

鍼灸学生や鍼灸師数年目であれば特に感じていると思います。

英語を話せるようになった後にベースとしての「鍼灸技術」を同時に英語で扱えるようになるためにこのプロジェクトには、鍼灸技術セミナーも含めました。

その「鍼灸技術」をより言語化され、 海外でもセミナー経験があり、臨床歴20年以上の鍼灸師、栗原誠先生(整動協会)に目をつけました。

宮口が初めて栗原先生から整動鍼とは何かを教えてもらい、第一印象はやはり「難しそう」でした。

鍼灸師学生、鍼灸師になりたての方々やまだ自分の鍼灸に自信がない人も、もしかしたら同じような印象を抱くかもしれません。

しかし、その部分も栗原先生はちゃんと考えており

  • 学生でも理解できるもの
  • すぐに臨床現場で使える治療方法
  • 根本的に学ぶべき体系的な技術

そういった点を重視して「やわらみ」を作りました。

さらに今回、「日本の鍼灸を世界に広めて発展を願う

といった意味をこめて、「AcuEigo」と「やわらみ」がコラボをして

英語と鍼灸の技術を同時に学べる場所を提供しようと考えました!

 

セミナー概要

会場

はりきゅうルーム カポス

(京急 北品川駅から徒歩7分、JR・京急 品川駅港南口から徒歩10分)

日程

1〜2日目 やわらみ 4/21~22

3〜4日目 AcuEigo 5/12~13

対象(受講資格)

英語で施術をしたい鍼灸師 ※学生可

定員

12名(先着順)

金額

¥145,000円 (会員割引なし) 
4日間+e-ラーニングを合せた料金です。

お申込み方法

ページ下部の申込フォームからお願いします。
※フォームは受付期間のみ表示されます。
代金の入金をもって正式なお申込みとなります。

お支払いとキャンセル

◎お支払い期限
セミナーの1ヶ月前までに銀行振込にてお願い致します。
セミナーまで14日を切っている場合は、申込から2日以内(土日祝を除く)にお支払いください。

◎キャンセル料
30日前まで        0%(100%返金)
29日前~15日前   20%(80%返金)
14日前~7日前     50%(50%返金)
  6日前~3日前     80%(20%返金)
  2日前~当日   100%(返金なし)

※悪天候(台風や雪)や交通機関の事情が発生した場合は相談に応じます。

最少開催人数について

セミナー開催1ヶ月前時点で最少開催人数(定員の50%)に達しなかった場合、セミナーは中止及び延期になることがあります。
※各種交通機関・宿泊のキャンセル料については当会は責任を負いませんのでご了承ください。

2024/4/21-22 5/12-13 AcuEigo (英語で鍼灸)A日程(4days)

初受講
解除