一般社団法人 整動協会 ホーム

鍼灸師と柔整師のための鍼灸と整体の実践セミナー Seminar for Acupuncturist and Judo therapist

  • 受講したセミナー

    • SEIDO
    • KAPPO

負担を最小限にしながら行うことができるイメージが湧き、とても学びになりました

辻大樹
兵庫県
2020年11月9日

導引は、運動の協調性ができる感覚があり、普段の施術が緩めるだけで終わっていることが多いと内省しました。

相手の負担を最小限にしながら行うことができるイメージが湧き、とても学びになりました。

講師の方もユーモアたっぷりでわかりやすく教えてくださりありがたかったです。

変な癖がついていたので見直す機会にもなりました

谷山美奈
東京都
2020年11月9日

6年前初めて受講したときに苦手な手技があり、その技から目を背けていたのですが、今回の再受講でやっと理解ができて嬉しかったです。

使っていた技にも変な癖がついていたので見直す機会にもなりました。

言葉選び、態度、雰囲気に至るまでが活法の技法だという内容が興味深かったです

岡本優二
東京都
2020年11月9日

新たな身体技法を身につけようと意気込んで、初めて受講しました。

今まで知ることのなかった身体の扱い方(導引、透し、置き直し)もそうですが、患者と共に作り上げる手法であること、術者の言葉選び、態度、雰囲気に至るまでが活法の技法だという内容が興味深かったです。

鍼を使わずに腰痛に治療ができることは自分の中で強みになりました

石井佑
千葉県
2020年11月9日

鍼を使わずに腰痛に治療ができることは自分の中で強みになりました。

技のみならず、患者さんとのふれあい方、声のかけ方、置き直し、観の目など、術者として大切なことも再度確認でき、濃密な2日間でした。

術者も患者もお互いに気持がいい所が好きです

中村みゆき
北海道
2020年11月9日

上手く技が決まったときに、術者も患者もお互いに気持がいい所が好きです。

活法をやっていると鍼が上手になれるとのことなので、楽しみに精進していきます。

腰痛三手を知ることができ感動しています

小田正志
愛知県
2020年11月9日

今回のセミナーで、噂の腰痛三手を知ることができ感動しています。

最近では鍼では取り切れない腰痛の患者さんの来院が増え、この腰痛三手を中心に、鍼数を抑えた施術を目標に頑張りたいと思います。

疲れたり痛い思いをすることなく施術ができます

齋藤将輝
北海道
2020年11月9日

足の角度や、母趾球を包むか外すかの違いで、臀部の上がり方や効果の出方が全く違ってくることに1番驚きました。

患者さんも術者も疲れたり、痛い思いをすることなく施術ができるので極めていきたいと思います。

鍼がない状況でも人の役に立てると思いました

若林耕
北海道
アネストsin灸院
2018年5月13日

鍼がない状況でも、腰の痛みで困っている人の役に立てると思いました。

個人的には、運動選手の試合前の調整などに、とても良いと感じました。

効果を出すには練習が必要になると思いますが、楽しみながらコツコツと勉強していきたいです。

ぎっくり腰も恐れず対応できそうです

片岡興輔
岡山県
しらお鍼灸院
2018年3月19日

今回楽しみにしていた腰痛パターンを学ぶことが出来てとても楽しかったです。

導引が多く、なかなか難しかったですが、明日から使える技術で臨床でバンバン使っていこうと思います。これでぎっくり腰も恐れず対応できそうです。

活法の奥深さに少し触れることが出来たかな、活法は楽しいです。

より多くの腰痛に対処できると感じました

福士 市太郎
東京都
福士鍼灸整骨院
2017年4月23日

腰痛に対するアプローチ法が増え、腰痛治療において悩む割合が少なくなると感じました。

腰痛の3手を中心に、いろいろな組み合わせにより多くの腰痛に対処できるのではないかと感じました。

明日より施術に活かして行けたらと思います。