一般社団法人 整動協会 ホーム

鍼灸師と柔整師のための鍼灸と整体の実践セミナー Seminar for Acupuncturist and Judo therapist

受講者の声 Voice of students

  • 受講したセミナー

    • SEIDO
    • KAPPO

身体が織りなすシステムの一端を感じました

三林 誠
三重県
あすなろ鍼灸院

身体が織りなすシステムの一端を感じることができました。

上下左右との交差のバランスの妙や、脊椎・肩甲骨・臀部などの相互作用に、身体のダイナミズムを感じました。

肩甲骨の位置と重心のコントロールの関係がわかりました

水田 穣二
東京都

肩甲骨の位置と重心のコントロールに関係性があることが、患者さんと合わせて見るとよく理解ができました。

脊柱の柔軟性が動きを円滑にしていると改めて感じました。

テキスト通りに結果が出ます

舟橋幹也
愛知県
グリーンノア鍼灸院

テキスト通りに結果が出ること、精度次第で結果が変わってしまうことの奥深さを感じました。

お尻のツボが肩にも首にも効く!

小塚 高文
愛知県
鍼灸TAKA

お尻のツボが方にも首にも効く!!

これからは先ずお尻のツボも診ようと思います。

肩甲骨の内縁のツボを使うと重心が整うことに驚きました

肩甲骨の内縁のツボを使うと重心が整うことに驚きました
洲崎 和広
北海道

股関節や足の緊張点に、肩甲骨の内縁のツボを使うと重心が整うということに驚きました。

単に「重心を整えるためにこのツボ」ということではなく、身体の反応点に作用させるために選穴することに確証が持てました。

難しい肩こりの治療の方向性がわかってきました

仲村 義昭
大阪府

難しい肩こりの治療の方向性がわかってきました。

ツボだけで見るのではなく、まずは大きく見て行うという意味が分かってきたと思います。

臀上五穴や肩こり治療の組み立てについても学べ、明日からの臨床が楽しみです

佐藤 祐嘉
北海道

今まで、首肩残りに対して、治療した日は良くても1週間後に戻ってしまうことがありました。

臀上五穴や肩こり治療の組み立てについても学べ、明日からの臨床が楽しみです。

足の裏の痛みや肩関節など、明日から使ってみたいと思います

西村 友里
愛媛県
鍼灸院めぐる

今までに教えて頂いた入門・基礎・応用を組み合わせて使えるようにもう一度見直していきたいです。

足の裏の痛みや肩関節など、これ使いたいなと思ったところがあったので、明日から使ってみたいと思います。

復習の大切さを改めて実感しました

國定 壮児
埼玉県

習参加でしたが、1回目と違い話がより深く入ってきたので、復習の大切さを改めて実感しました。

細かいところの勘違いの気づきや、セミナー内容のブラッシュアップなどあり、とても充実したセミナーになりました。

復習できていないものもまだあるので、復習したいと思います。

頭の中にあったモヤモヤが整理されました

熊谷 佳巳
東京都

頭の中にあったモヤモヤが、今回でだいぶ整理されました。

基礎編で取りきれなかった肩の奥の方の症状に対して、今日光が見えたので、さっそく試してみたいと思います。

ありがとうございました。

身体はより広く見て考えることができると感じました

身体はより広く見て考えることができると感じました
高橋 裕子
愛知県
鍼灸マッサージ たかはし

基礎編では油断すると特効穴治療になってしまい、「点と点」というイメージでした。

応用編を知り、身体はより広く見て考えることができると改めて感じました。ありがとうございました。

鍼灸というものがより好きになりました

竹内敦
愛知県
はり・きゅうhitohari

資格を取って、治療の軸ができてくると臨床が楽しくなってきます。

もともと苦手意識があった東洋医学の理論も、整動鍼の理論を通して見ることですんなり理解できた部分もあり、鍼灸というものがより好きになりました。

肩甲骨への鍼がスポーツのパフォーマンスアップにつながります

市川雅裕
愛知県
ふくぎ鍼灸院

肩甲骨へ鍼をすることで、重心に変化をもたらすことができるということが、治療だけでなくスポーツでのパフォーマンスアップにつながり新しい鍼灸に発展していけばいいと思います。

鍼の可能性がさらに広がりました

片岡興輔
岡山県
しらお鍼灸院

今回でやっとスタートラインに立てたと思うので、臨床で使いこなせるように日々精進していきたいと思います。

臀上五穴、手首、足首の関係性など、とても勉強になり、鍼の可能性がさらに広がりました。

足首、手首の症状、外反母趾へのアプローチの選択肢が増えました

佐々木顕子
神奈川県

今まで学んできたことを駆使しても解決しなかった足首、手首の症状、外反母趾のトラブルに対するアプローチの選択肢が増えて嬉しいです。

パズルがハマった感がありますが、まだまだ抜けているところが多いので、しっかり復習していきたいです。