一般社団法人 整動協会 ホーム

鍼灸師と柔整師のための鍼灸と整体の実践セミナー Seminar for Acupuncturist and Judo therapist

【整動鍼 理論実践編 4/11】ようこそ連動の世界へ!

こんにちは!活法ラボ新入社員の川﨑です。

4月11日に今年最初の整動鍼セミナー入門・理論実践編が行われました。

今回私は受講者側として参加したので、実際に練習しての感想なども交えてレポートをお届けしていきます!

 

基礎編、応用編、臨床編は2日間での構成となっていますが、入門編は1日で完結します。

そのため朝はいつもより30分早いスタートとなっております。

 

「張力」とは

恒例の講師挨拶と自己紹介を終え、早速理論の解説へと入っていきます。

入門編といえばこれ!

紐を用いて整動鍼の基本的な考え方である「張力」について説明しています。

この日は、整動鍼セミナー初参加の二人が大抜擢。おめでとうございます!

実は私も、初めてセミナーに参加したときに紐を持って「張力」を体感していました。

2020年1月19日の入門編の写真です。懐かしい…

「整動鍼って何?」って聞かれた時に紐を用いてこの説明をすると、大体の方に「なるほどねぇ」と言っていただけます。いいね!

 

いざ、実技へ…!

整動鍼がどのようなものかが分かったところで、実技のデモンストレーションに移ります。

整動鍼では棘間を正確に触れることが大切です。

デモンストレーションの後は、いよいよペアになって練習です。

頸椎と胸椎の棘間を探していきます。

自分がとった棘間が本当に正しいか、講師を呼んで確認してもらいます。

わからないところを聞き合い一緒にテキストを振り返ることで、お互いの理解が深まります。

もちろん私も練習です。

私は学生時代に椎骨を触診する時は「棘突起」にフォーカスしていたので、棘間を探すことがとても難しく感じました。

「棘突起に注目しても棘間に注目しても、結局やっていることは一緒じゃない!?」と思われるかもしれません(実際に栗原代表にも言われました)。

しかし、見た目でなんとなく分かる大きな出っ張り(棘突起)を触れるのと、その出っ張りの切り替わりである一番凹んでいる隙間(棘間)を探しに行くのでは、結果は同じかもしれないけど、その過程の繊細さが段違いに思えます。

棘間を正しく触れることで正確な取穴や刺鍼ができ、その先の治療効果へと繋がっていくので、日々練習を積み重ねていきたいです。

 

頸椎と胸椎の取穴・刺鍼練習の次は腰痛の話に移ります。

立っていると腰が痛いのか、座っていると痛いのか、それとも動かすと痛いのか…

同じ「腰痛」でも、動きのパターンに注目してツボを使い分けていきます。

頸椎・胸椎のときと同様に、デモンストレーションの後はペアになり練習していきます。

入門編は1日完結なので、腰の取穴が終了したところで全行程修了となります。

どのツボも即戦力になるツボばかりで、とても密度の濃い時間を過ごすことができました。

 

セミナーを受けて

私は今回のセミナーが3回目の入門編受講でした。

過去の2回は、内容を追いかけ、食らいついていくのに必死でしたが、3回目にしてようやく少し余裕ができたように思えます。

デモンストレーションの際もテキストとにらめっこするのではなく、栗原の言葉遣いや立ち位置、手の動かし方など立ち振る舞いに注目することができました。

患者さんに対してどの位置に立って、どの指を使い、どの角度で触れているのか、ツボを探している手と逆の手はどうしているのか、実際に触れる前に患者さんになんと声をかけているのか、など。

テキスト上の知識・技術以外の面でも多くの学びがありました。

この学びを次回以降の基礎編・応用編へと還元していきたいです。

私も群馬で練習を積み重ねていきますので、皆さん一緒に学び続けましょう!

 

次回の整動鍼セミナーは4月25,26日の基礎 腹背編です。

皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

 

 

2021年4月17日カテゴリー:セミナーレポート, 整動鍼タグ:, ,