一般社団法人 整動協会 ホーム

鍼灸師と柔整師のための鍼灸と整体の実践セミナー Seminar for Acupuncturist and Judo therapist

セミナーレポート【整動鍼 基礎☆四肢編】2月2-3日


2020年2月2日〜3日に、整動鍼セミナー「基礎☆四肢編」が開催されました。

四肢編で紹介されるツボのビフォーアフター動画はSNS各所でご覧になったことがある方も多いと思います。なぜかというと、基礎編の中で一番ダイナミックに変化がわかるツボが沢山収録されているからです。

(ちなみに腹背編なんかは名前からも分かる通り、見た目の変化はわかりにくいです。動画を撮るときにはスタッフ陣も少し苦労します…)
 
今回もデモで驚きの声が上がる変化が多々ありました。なかでも「過去の腱板損傷による肩の内旋可動域制限」が1本の鍼で左右差ほぼなしになったデモは、会場にいる全員から歓声が上がるほどの変化でした。

患者さん相手にこれがおきたら一体どんな反応をするのだろうか…と、鍼灸師ならニヤついてしまいます。

今回は新規の方がほとんど。しかし、数少ない復習の方で、他の編や応用編も交えた質問をされた鋭い観点をお持ちの方もいらっしゃいました。

もちろん四肢編だけでもかなりの効果があります。体に与える変化が見える点において、随一のセミナーかもしれません。しかし他の編を交えることによって内臓の調整までもできてしまったりします。

最近の復習参加の方には、こうした気付きを多く持ち帰っていただいています。これは復習参加が好評な理由の1つかもしれません。
 
四肢編は次回、6月に開催予定です。
https://seidonet.or.jp/seminars/200621_seido_b_2_b/
 
ちなみに…セミナーに登場するツボでどのような変化を及ぼすことができるか、知りたくないですか?

そんな方は続報をチェックしてください。今回のデモや3月に行う体験会で起こった変化はこのFacebookページやTwitterなどで公開していきます。お楽しみに!
  
(講師 小堀)

2020年2月8日カテゴリー:セミナーレポートタグ: