一般社団法人 整動協会 ホーム

鍼灸師と柔整師のための鍼灸と整体の実践セミナー Seminar for Acupuncturist and Judo therapist

セミナーレポート【整動鍼 入門☆理論実践編】1月19日

2020年1月19日、整動鍼の入門セミナーが開催されました。

「入門」と聞くと、「そんなに高度なことじゃないだろうしそこまで効果も高くないんだろうな…」「応用まで行かないと効果出せないんだろうな…」と、思う人もいるようです。

ですが、このセミナーの好評の声は「すでに応用編まで受けた方」からも多く聞かれます。

「久しぶりに再受講したけども、応用編まで理解した上でこれを受けると奥深さを思い知った」

「改めて、なぜ入門になっているかがわかった」
 
なぜこのような声が聞かれるか。

講師として考えるに、大きな理由として2つあると思います。

まず1つ目、応用編でもこの理論が多く使われた上で理論の広がりがあります。

そして2つ目、入門編で登場するツボの威力の高さです。
 
入門編のカリキュラムは、登場頻度が最も高いもの・臨床上最も最初に考えるものを組み込んでいます。

いきなり応用編で登場するものから考え始めてもなかなかうまくいかないこともあり、そういう場合はこの入門編の内容から考え始める必要があります。
 
最も使用頻度が高く、入門の名に劣らない威力を誇る理論実践編。

次回の開催は3月22日となっております。

まだお席がありますので、ご希望の方はお早めにどうぞ。

理論実践編 B日程(3/22)
 
また、続編となる基礎 脊柱編はこちらからお申し込みいただけます。

脊柱編 B日程(4/29)
 
(講師 小堀)

2020年1月20日カテゴリー:セミナーレポート, 整動鍼タグ: